アラフォー前歯の部分矯正ブログ【半年を目標に】

41歳育休中、半年~1年で済むと言われて前歯の部分矯正を開始。ビフォーアフター写真掲載。遅い歯科矯正を迷う方への参考になりますように。

【閲覧ご注意!】

このブログ内の記事には、歯や口の中の写真が掲載されています。

キレイな写真ではありませんので、ご気分を害される方もいらっしゃるかと思います。

掲載場所について特に予告はありませんので、ご注意の上ご覧ください。

矯正のきっかけ

40代でも遅くない!ガタガタになった歯並びを部分矯正で直すことに決めた理由

更新日:

こども産んで気づいた。自分の時間はもうないのかも

はじめまして。ゆりこです。

40歳で子供を産みました。

もうね、毎日クタクタ。生きてるだけで精いっぱい。

おっぱいあげておむつ代えて、お部屋片づけて…って賽の河原の石積みのような暮らしをしながら数か月経った頃に気づきました。

 

もう、これから先、自分のための時間ってほとんどないのかも。

 

あっても、ものすごく少ないのかも。

 

それに気づいたときの私はすっぴんで、もじゃもじゃの髪をおだんごにくくって(三国志の登場人物を想像してください)、お手入れしてない肌はカサカサで、パジャマ兼用の部屋着で、産前の体重にもどりきらないだぶだぶの体形で…とにかく絵に描いたような自分のお手入れゼロの状態で。

鏡の前でそんな自分を見ていたら、哀れさよりもがっかり感よりも、なんかあれもこれもやり残した気がしてきてしまった。

 

やり残したことはいくらでも挙げられる。

 

例えば旅行。飛行機乗れるの、何年後かな。

3歳ぐらいになったら8時間ぐらい乗れるのかな~、あーでもリゾートメインになるのかな~、トルコとかはもう一生行くことはないのかな~・・・・

・・・・

・・・・

とか今後ありもしないことを空想している時間がもったいないぐらい、自分の時間が、ない。

そんなことを空想するくらいなら、「いったい何ならできそうなのか」を考える方が現実的…と舵を切った末に思いついたのが矯正でした。

スポンサーリンク

子供の頃に矯正したけど、大人になって不揃いになってしまいました

私にとって矯正は、したいしたいとずーーーーーっと心のどっかに引っかかってたことなんです。

 

かつて幼稚園の頃と小学生の頃の2回、矯正をしました。

矯正後に歯並びをキープするためのリテーナー(保定装置)も数年つけていたので、高校生までの歯並びは写真を見てもきちんと保っています。

 

ですが18歳で大学進学を機に地元を離れたことで矯正をした歯医者さんには行かなくなり、またそれと同時に親知らずがはえてきたのです。

矯正をしたことがある方はご存知かと思いますが、親知らずが生えると、押されて歯並びが崩れることがあります。

私もまずそこで一度歯並びが乱れ始めました(でもまあまだ「ちょっとガタついてきたかな?」程度)。

 

親知らずはその後抜いたのですが、30代に入って歯並びは再度ぐっと崩れることに。

特に前歯の目立つ部分の1本は、かみ合わせが完全に逆になってしまいました。

 

20180214正面

20180214正面

 

これはもうほんとに原因がありすぎるのですが、

・加齢
・頬づえなどの普段の姿勢
・食いしばりグセ

などなど、主に生活スタイルが原因です。

かみ合わせの全部が逆なわけではないし、ぐっちゃぐちゃというわけでもないのだけれど、以前きちんとしていた歯並びを知っているだけにどーーーしても気になる。

特に私は、笑った時に大きく口を開けてしまうタイプ!

しかも30代後半になるにつれて、どんどん歯並びの乱れが進んでいく。

 

ほんの少しずつではあるのですが、

歯並びの崩れは、決して止まることもないし、もとに戻ることもない。

治さなければ、加齢とともにずーーーーーっと少しずつズレていくんです。

 

かみ合わせが逆になってしまった歯、私はずっとその変化を見守って(?)いたからよくわかります。

「なんかちょっとぶつかるな…」と思っていただけだった歯が完全にカチ合うようになり、最後には前後が入れ替わってしまう。

そして今は、その前後入れ替わってしまった歯に押されて隣の前歯が出てきかけていて…

20180214下あご

20180214下あご

 

下の歯の並びもガタタガに。これももう何年かしたらもっとズレていくに違いない。

この今後の悪化が予想できる感じ、一度矯正したことがある人にはきっとわかってもらえるはず!

 

 

歯の矯正って一生もの、っていう考え方があるけれどそれは違います。

でも小さいころによくわからないまま矯正したためにあまりメンテナンスできず、私みたいに崩れてしまった人って案外いらっしゃるのではないでしょうか?

しかし致命的なぐらいにぐっちゃぐちゃではないため、矯正しようかどうかは本当に迷い続けていました。

 

 

年に数回、矯正について検索しまくる時期がある。もうそういう無駄な時間はやめようと決意しました

矯正は高いし、時間もかかる。

でも歯並びの崩れは気になる…

そのハザマでゆらゆら揺れて、私は年に数度、夜中に矯正について検索しまくる時がありました。

 

歯磨きのふとした瞬間や、何気ない写真に写ったのを見て一度気になってしまった時で、その後どうしよう・どうしたもんかと思って検索しまくるんです。

数時間×数日間、目をらんらんとさせながらぐいぐい検索。

画像検索で、自分の歯並びににたビフォーアフター写真を探しては、治療期間や経過を読み込む。

そんな感じでけっこうな時間ブログや歯科医院の矯正事例を見まくったり、料金を調べたりして、で、たいてい治療費の高さと期間の長さを勝手に見積もって、ある日突然諦める。

 

でもね、ある日授乳中にまた検索しながら思ったんです。

 

「この時間、もったいないな。」

 

って。

 

これから先も私はこうやって、年に何度か発作を起こしたみたいに歯の矯正について調べては忘れて…を繰り返しながら、少しずつ前歯が出ていくのかな…ってうわあああああ恐ろしい!醜い!!(笑)

 

いい年して発作を起こしたみたいにスマホ握りしめて歯の矯正について調べまくってるのも醜いし、

 

同じことを解決せずに何度も何度も悩んでいるのもなんだかなーだし。

 

それに矯正のお金、その悩んでいる時間もし働いてたらけっこうもう半分ぐらいは払えてない??

 

もしかして歯の矯正について悩むのやめたら、私けっこうな自分のための時間生み出せるんじゃない????

 

そんな感じで、自分の残り持ち時間が少なくなって始めて、調べるだけ調べて何もしないことの無益さに気が付きました。

 

この問題を片付けたら、別なことに時間使える!

 

なのでさっさと歯はやっつけてしまおう。

 

と思って、とりあえず相談に行ってみることにしました。

 

相談、そんな高くないし。

 

 

矯正を迷っている人の参考になるような記事を書きます

思い切って相談してみたら思っていたよりも期間も、短く料金もかからず済みそうです。

その時の安堵感、なんかすごく気持ちよかったな。

まだ何も始まっていないけど、肩の荷が下りたような気持ち。
でも戦いはこれから!

 

というわけでこれから治療が済むまで、その過程を記録したいと思います。

 

・過去に矯正したのに、崩れてしまって困っている人に

・アラフォーで矯正するのはもう遅いかな、と迷っている人に

・全部矯正と部分矯正との違いが見たいと思っている人に

・子育て中でも矯正はできるのかなと悩んでいる人に

 

参考になるような記事がかけたらな、と思っています。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

-矯正のきっかけ

Copyright© アラフォー前歯の部分矯正ブログ【半年を目標に】 , 2018 All Rights Reserved.