アラフォー前歯の部分矯正ブログ【半年を目標に】

41歳育休中、半年~1年で済むと言われて前歯の部分矯正を開始。ビフォーアフター写真掲載。遅い歯科矯正を迷う方への参考になりますように。

【閲覧ご注意!】

このブログ内の記事には、歯や口の中の写真が掲載されています。

キレイな写真ではありませんので、ご気分を害される方もいらっしゃるかと思います。

掲載場所について特に予告はありませんので、ご注意の上ご覧ください。

矯正グッズ

矯正中のメイクには清潔感が出せるリップペンシルにしました

投稿日:

矯正中のメイクは今までと変わる?

こんにちは。41にして、育休中に歯科矯正を始めてしまったゆりこです。

矯正を始めてから鏡を見る回数が増えたことで矯正前よりもすこし身なりが整いつつあり、思いがけずいい効果が出てます。

 

今日考えたいのは、矯正装置を付けるとメイクは変えた方がいいのかどうか問題

自分が口元に興味がいっているため、みんな何か変えたりしているのかなーと考えました。

ネットで検索すると、

 

・ベージュピンクなどの目立たない色を選ぶべき

・アイメイクに力点を置いて口元の印象を抑える

 

など「いかに口元から目をそらすか」が対策で上がっていますけれど、現在のメイクトレンドはアイメイクよりリップメイク。

口元の印象を抑えるメイクをして顔全体が古くなってしまったのでは元も子もない気がします。

それに今は矯正装置が見えてもそれほど悪印象ではないのでは?とも思うし…

 

…で、いろいろ考えた結果、それより大事なのは矯正装置に口紅がつかないことだと思いました。

歯に口紅がついているのもそうですけど、ブラケットに口紅がついているのって、食べ物が装置に挟まっているのと同じぐらい清潔感がない。

そうです、矯正中のメイクは清潔感(つーか40代のメイク自体が、ともいえるかも)。

そのためにリップメイク試行錯誤したところ、リップペンシル+リップクリームが一番という結論に達しました。

スポンサーリンク

ブラケットにつかないリップメイク

何を使うかと言えば、色移りの少なさ、色もちの良さを考えると、リップペンシル(リップライナー)一択。

口紅やグロスに比べて油分が少ないため、触れても落ちにくい。

 

通常は唇の形をふちどりするために使いますけれど、それで唇を全部塗ります。

そうすると何を食べても落ちない!つかない!

この記事を書くために、念のため付けた後の唇とブラケットをぐりぐりしてみましたが(醜いので想像しないで)、唇・ブラケットともに問題なしでした。

 

 

使っているのはリップペンシルといえば、のMAC。
メイクアップアーティストさんたちも、リップペンシルはMAC推しの人が多いですよね。
もう私も鵜呑みでそればかり。

プチプラでももちろんいいけど、色のバリエーションとオシャレさが全然違う。
一見同じような色に見えるんだけど、つけてみると違うんだなー。

 

そのままだとパリパリに乾くので、リップクリームをプラス。

このときもリップクリームは油分少なめ・固めテクスチャーのものを使います。

ブラケットついていると知らないうちに口呼吸→乾燥しやすいので、保湿力は諦められません。

 

リップペンシルではないけれど、レブロンのマットバームはペンシル並みに色の定着力が高かったです。

ただやっぱり柔らかいので、付けた後ティッシュオフ+重ね塗りマスト。

 

最後に

「そもそもリップクリームだけでいいんじゃないの?」という意見もあるかと思いますが、40代の私、ナチュラルメイクだったとしてもリップクリームだけでは顔が寂しいことこの上ないのが現状です。

なんかね、貧相な感じ。

リップだけでいられるのは20代までではないでしょうか。
アラサー30代は顔による(すみません)、それ以降はリップメイクは必須かと思っています。

 

リップペンシルを口紅代わりに使うの、矯正してなくても子育て中はいいかも。

だっこしたときに赤ちゃんの髪の毛や顔にちょっと口が触れてしまうことはよくあることだけど、これならくっつかないし。

早く矯正終わってグロスとか買いたいな~とか思ってましたけど、ペンシル道をつきつめてみたい気持ちになってきました。

-矯正グッズ

Copyright© アラフォー前歯の部分矯正ブログ【半年を目標に】 , 2018 All Rights Reserved.